猫ちゃんのワクチン

猫ちゃんのワクチン

 猫ちゃんには様々な伝染病がありますが、中には年に一回のワクチン接種で感染を防ぐことのできる病気もあります。

【猫3種ワクチン 伝染性鼻気管炎】
感染した猫の鼻水や唾液中のウィルスから感染します。発熱、くしゃみ、鼻水、目やに、結膜炎などが起こります。目の病気は進行すると失明の恐れもあります。

【猫カリシウィルス感染症】
感染した猫の鼻水や唾液中のウィルスから感染します。発熱、口内炎、舌の潰瘍、鼻水、結膜炎くしゃみなどが起こります。酷くなると肺炎を起こすこともあります。

【猫汎白血球減少症】
感染した猫の糞便や嘔吐物に含まれるウィルスから感染します。白血球が減ってしまうことにより、免疫力が低下し、発熱、元気消失、下痢、嘔吐、脱水などが起こります。子猫が感染すると死亡する危険があり、妊娠した猫では流産、死産が起こります。

【猫5種ワクチン】
上の三つの病気に加え、以下の二つの病気を予防します。

【猫のクラミジア症】
感染した猫の涙、唾液、鼻水などから感染します。結膜炎、目やに、くしゃみ、咳などを起こし、肺炎になることもあります。

【猫白血病ウィルス感染症 】
感染した猫の唾液、血液中のウィルスから感染します。一見健康に見えますが、免疫力が低下し、数年以内に約80%が死亡してしまう病気です。残りは白血病やリンパ腫などの血液のガンになる可能性が高くなります。

猫ちゃんを病気から守るために、年に一回のワクチン接種を心がけましょう

ページトップへ

Copyright (C) つきしま動物病院 All Rights Reserved.