Homeよくある病気嘔吐について

嘔吐について

油断大敵、病気のシグナルかもしれません。

 「うちの子よく吐くんです」そんなことありませんか?吐いた後もケロッとしてご飯を食べる子もいて、つい油断しがちですが、大きな病気が潜んでいる可能性があります。

 一言に嘔吐といっても、実に様々な原因があります。比較的多い原因を挙げてみます。

乗り物酔い

胃腸管の閉塞:幽門(胃の出口)の狭窄、腫瘍、

胃拡張・胃捻転、異物、腸捻転、腸重積など。

胃腸及び腹腔の炎症:炎症性腸疾患、胃炎・胃潰瘍、腸炎など。

消化管以外の疾患:尿毒症、肝疾患、糖尿病、子宮蓄膿症、腹膜炎、膵炎など。

その他:自律神経障害、手術後、過食

と色々な原因があり、治療法もそれぞれ違います。
原因を確定するために、血液検査やレントゲン検査を行います。
症状の程度や全身状態によっては、加えて超音波(エコー)検査、バリウム造影検査、内視鏡(胃カメラ)検査をすることもあります。

 「ちょっと様子を見よう・・・」などと思わずに、お気軽にご相談ください。

ページトップへ

Copyright (C) つきしま動物病院 All Rights Reserved.