下痢

下痢

下痢とは糞便が液状または液状に近い状態のことをいいます。下痢の原因がどこにあるかによって小腸性の下痢と大腸性の下痢に分かれます。また急性のものと慢性のものがあります。

小腸性下痢の原因としては 細菌性、ウイルス性、ある種の寄生虫病、 中毒、拾い食い、 腸のリンパ管拡張症、潰瘍や腫瘍、 炎症性胃腸炎、腸閉塞・ 膵臓疾患、肝・腎臓の異常、甲状腺の異常、など 大腸性下痢の原因としては 細菌性、ウイルス性、ある種の寄生虫病 ストレス性、食餌性 腫瘍、 アレルギー、 ある種の大腸炎 などです。 これらはあくまでも目安であり、時間の経過した場合には消化器全体、あるいは他の臓器へと病気が伝播してしまうものもあります。

また下痢でも原因によっては命にかかわることもありますので、様態が悪化する場合はあまりご自宅などで様子を見ず、早めに再受診しましょう。 (どんな検査があるのですか?) 一般身体検査を始めとして、糞便検査、レントゲン検査、超音波検査、血液生化学検査、バリウム検査、内視鏡検査、などの各種検査を症状に応じて実施していきます。

【どんな治療があるのですか?】
治療としては、一般的な整腸剤を服用したり、処方食を食べていただくような対処療法を始め、症状に応じて治療法を選択していきます。比較的重篤な症状や病気が予測される場合は精密検査や入院が必要となる場合もあります。

ページトップへ

Copyright (C) つきしま動物病院 All Rights Reserved.