Homeよくある病気>アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎

 ワンちゃんや猫ちゃんにも、人間と同様にアレルギーがあります。アレルギー性皮膚炎になると痒みがひどくなり、掻きむしって出血したり、脱毛したりします。アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)には、食事やノミ、花粉など様々なものがありますが、複合することで症状がひどくなります。

アレルギーは三つのタイプにわけられます。

[食事性アレルギー性皮膚炎]  肉類や乳製品などに反応してアレルギーを起こします。アレルゲンとなっている食べ物を取り除くことが治療となります。

[アトピー性皮膚炎]  花粉やダニの卵、ハウスダスト、カビの胞子などを吸うことで症状が出ます。

[アレルギー性接触性皮膚炎]  薬品や化学製品などに触ることにより起こる皮膚炎です。シャンプーでブツブツができたり、ノミ取り首輪をしていると毛が抜け、痒がったりします。

【診断】  診断はアレルギー検査により行います。血液検査でアレルゲンを調べることができます。 スタッフにご相談ください。   

ページトップへ

Copyright (C) つきしま動物病院 All Rights Reserved.